元気で輝いて暮らす栄養食品
Policy 栄養食品開発5つのこだわり

創業以来の一貫したこだわりが、私たちの誇りです。

正しい食生活とは栄養のバランスのとれた食事内容によって導かれます。この栄養のバランスとは栄養素のバランスのことであり、しかも栄養素のバランスは個人個人の問題であり、そして1日1日の問題です。
このような観点から栄養のバランスを整え、しかも必要な栄養素を必要な量だけ補給できるような食品を、ホワイズ栄養食品と名付けました。つまり、ホワイズ栄養食品は健康の保持・増進・予防に必要な栄養素または機能性成分を製品化したものなのです。

1. 栄養学的な裏付けがはっきりしている製品であること

医学・生理学・薬学・栄養学上において科学的な根拠が明らかであることをモットーとしており、いわゆるブームや流行で評価された素材であっても、科学的裏付けのないものは製品化しません。

2. 予防医学に役立つ製品であること

薬は病気を抑えて治すもの、食べ物は体力をつけ病気を起こさせないようにするものです。したがって、開発する製品は栄養素及び食品成分のもつ機能牲をとり入れることによって、病気を予防することを目的としています。

3. 化学的な添加物は使わない製品であること

防腐剤、合成成分など、私たちの体の中にない化学成分でできた添加物は、もし体の中に蓄積されれば私たちの体に都合の悪いいたずらをしかねません。したがって、そのような化学物質は使用いたしません。

4. 栄養素が長期間壊れない製品であること

貴重な栄養素を製品化した製品であるがために、栄養素が簡単に酸化したり、褐変したり、変質したりして栄養素としての働きを失ったのでは意味がありません。
そこでそのような変化が起こらないような形態、たとえば造粒粉末やソフトカプセルにしています。いいかえると、水や空気に触れないようにすることで酸化や変質が起こりにくくなるのです。簡単にとは、食生活を改善しようとする製品ですから、手間がかかっては使いにくくなります。したがって、溶かすだけ、そのまま食べる、そのまま加えるといった形になっています。

5. 簡単に、安く、美味しく、適切な栄養素がとれる製品であること

安くとは、栄養素の観点から比べるということで、たとえば肉の中のタンパク質含有量に比べて製品ではどの位の値かということです。
美味しくとは、もともとまずい栄養素を美味しくするということです。そのためには、技術的努力が大切です。適切なとは、過剰摂取にならず、しかも有効に栄養素が補給できるように設計しています。