いくつになっても若々しくアクティブに過ごす!

ムーンドロップ 心筋梗塞 脳梗塞 超悪玉コレステロールが増え、動脈硬化を促進+代謝異常が起こり血圧や血糖が悪化する

ムーンドロップ

●日本人の死因の3分の1は動脈硬化による血管の病気

 コレステロールと中性脂肪は、どちらも血液中に存在する「脂肪」です。からだにとって大切な成分ですが、現代人の多くは脂質や糖質のとりすぎ、運動不足のために、これらが過剰ぎみ。いわゆる脂質異常症(高脂血症)です。脂質異常症を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞など生命に関わる病気を引き起こします。
 日本人の死因の1位はがんですが、2位の心疾患、3位の脳血管疾患を合わせると、日本人の死因の3分の1は、動脈硬化からくる血管の病気です。

●ここが問題!コレステロール

 なぜ、過剰なコレステロールや中性脂肪が悪いのでしょう。
 まずはコレステロールから。コレステロールには善玉(HDL)と悪玉(LDL)があります。HDL には血管壁にたまったコレステロールを回収して肝臓に戻す働きが、LDLには肝臓のコレステロールを全身に運ぶ働きがあります。
 過剰なLDLは血管壁に入り込み、活性酸素に酸化されて蓄積し、コブを作ります。コブは血液の通り道を狭くするだけでなく、血栓ができると血管をつまらせ、心筋梗塞や脳梗塞を起こします。一方、HDL値が低いのも問題です。余分なコレステロールを肝臓に戻す働きが弱くなり、動脈硬化を進めます。

●ここが問題!中性脂肪

 中性脂肪が多くなりすぎると、善玉コレステロール(HDL)が減ります。そして悪玉コレステロール(LDL)が増え、小型化されるため、より血管壁に沈着しやすくなります。小さくなった悪玉コレステロールは活性酸素の攻撃をとくに受けやすく、より動脈硬化が促進します。「超悪玉」と言われるゆえんです。
 さらに、中性脂肪が多いと肥満から代謝異常を招き、脂質異常症、高血圧、高血糖を招き、動脈硬化を促進します。つまり、Wパンチで動脈硬化を急速に進めてしまうのです。

ガンマ-リノレン酸、IPA、DHAが、血管の健康を守ります でも、血管の健康を守る栄養素は毎日の食事だけでは十分に摂れません
血管の若さと健康を守る
ムーンドロップ

血管の健康を守るガンマ-リノレン酸、IPA、DHAは、
バランスよくとってこそ最大限の効果を発揮します!

ムーンドロップ

  • ●ガンマ-リノレン酸、IPA、DHAがバランスよく含まれます。
  • ●中高年の方、青背の魚が苦手な方、コレステロールや中性脂肪が気になる方、自信をもって健康診断を受けたい方、外食や加工食品の利用が多い方。

ムーンドロップ 100粒 12,000円+税

愛用者の喜びの声 愛用者の喜びの声
  • 年齢に関係なく血管のトラブルから倒れる人が多いので我が家でも予防のため欠かさず飲んでいます。
    ●埼玉県 O・Tさん
    (63歳)

  • 「自分のからだは自分で守る!」を目標にムーンドロップを愛用中。おかげで体調もよく、検査値もすべて正常です!
    ●福岡県 S・Kさん
    (74歳)

  • ムーンドロップは持病の薬と一緒に飲めるので助かっています。栄養食品なので、からだにもやさしいのがいいですね。
    ●神奈川県 K・Kさん
    (65歳)